リハビリ専門学校の年数

理学療法士や作業療法士など、リハビリテーションの専門家といえるような仕事があります。 それでは、理学療法士や作業療法士になるためには、どのようなことをする必要があるのでしょうか。 理学療法士・作業療法士は共に国家資格が必要な職業であるため、 まずはこの資格の取得のための活動をしなければなりません。

理学療法士国家資格、作業療法士国家資格を取得するために必要な国家試験の受験には、 「専門学校または短大」ないしは「大学の専門課程」の修了が条件となっています。 そのため、まずは国家試験の受験資格を得るために、これらの学校に入学をして勉強をしなければなりません。 では、リハビリ専門学校と大学都では、どのような違いがあるのでしょうか。 専門学校の場合は、まず年数が3年ないしは4年制で違いがあります。 学校によって年数に違いがあるため、どちらを選択するのかを考えなければなりません。

それぞれにどのような特徴があるのかについては、この先の記事で紹介するためここでは割愛します。 大学の場合には、専門の過程を持っている大学である必要があります。 大学で専門課程を履修する場合、同時に大学卒業の際に得られる資格である「学士」を得られるのもポイントです。 学士の取得は大学院入学の条件でもあるため、その後も大学院に進むことで勉強を続けることができます。 大学によってはそのまま、企業就職を目指すようなケースも少なくなく、 理学療法士だけを目指すのとはまた違います。

≪理学療法士関連サイト≫
理学療法士になるために就職率が高い専門学校を紹介します >>> 理学療法士 なるには