3年制の内容

それではここからは、リハビリ専門学校の内容についてより具体的に紹介します。 前述の通りリハビリ専門学校には3年制のものと4年制のものがあり、どちらを選ぶのかによって内容の違いがあります。 まずは3年制のものについて紹介します。 3年制の場合であっても、国家資格の受験前提となる単位の履修は必要となります。 そのため、どうしても密度の高い授業スケジュールとなってしまう点については承知しておく必要があります。

忙しい3年間になることが多いですが、その分短い期間で知識や技術の習得をすることができるため、 早い段階で実務に移ることができるというメリットがあります。一見すると3年制の方が4年制よりも1年間短いため、学費の面でもメリットがあるように思われがちですが、実は学費の平均は4年制のものよりも3年制のものの方が高くなっています。

そのため、経済的であるかどうかについては学校による違いを見ておかなければなりません。3年制の場合、1年次に見学実習、2年次に評価実習、3年次に総合臨床実習の1と2の両方を履修するスタイルとなるため、3年になると特に実習が多く忙しくなります。 スピーディに資格を取得を目指したい場合に適した方法です。