4年制の内容

それでは次に、4年制の専門学校の場合のポイントに付いて紹介します。 まずメリットとして、4年間あるために比較的時間に余裕があり、 じっくりと勉強をすすめることができる点にあります。理学療法士の協会も4年制の方を推奨しており、今後は4年制に統合するような働きかけも行われている状況です。その後どのようになるのかはまだ不明瞭ではありますが、1年長いことがそのままデメリットになるわけではありません。

3年制の内容の中でも触れたように、学費の面では4年制のものの方が安くなっており、 比較的金銭的にも余裕があるのがメリットです。実習などもあるものの、アルバイトなどをしながら通うことも十分可能であるため、 経済的に余裕を持って勉強をすることができるのも魅力となります。

カリキュラムの内容については、1年次に見学実習、2年次に評価実習というの部分までは3年制の専門学校と変わりません。 その後、3年次に総合臨床実習の1、4年次に総合臨床実習の2となります。2は1でのポイントを抑えた上での実習となるため、より自分の実習の内容を考えながら実務への経験を積んでいくことができるようになっています。また、4年制の専門学校は卒業時に大学院の入学資格があります。